sous ce ciel このひとときに好きなこと


by chez_tamaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:言語( 6 )

ある日

 森の中、ではなくて、突然歯が痛くなりました。
 治療中の歯ではなく、隣のこれまた虫歯になっているところが痛いらしいです。コーティングしてもらったので、水にしみることはなくなったけど、やはり違和感があります。
 なかなか治療が終わりません。

 気分転換にフランス語でも。からだや病気に関する言葉など。

 歯 dent (ダン) 
 歯医者 dentiste (ダンティスト)
 歯が痛い。 J'ai mal aux dents. (ジェ マロ ダン)
 貧血 anémie (アネミ)
 めまい vertige (ヴェるティージュ) 
 風邪 rhume (りュム)
 お大事に。 Soignez-vous bien. (ソワニエヴ ビヤン)

 病気に関する言葉だと、あんまり気分転換になりませんね。
[PR]
by chez_tamaki | 2006-08-10 22:09 | 言語

豆知識的お勉強

 今回は真面目だぞ。

 理論社から「よりみちパン!セ」という児童生徒向けのシリーズ本が出ています。この「パンセ」は、フランス語でpenser 考えるという意味。うまく付けましたね。ちなみに、デカルトの名言「我思うゆえに我あり」は Je pense, donc je suis. このときは主語に応じて動詞が活用するので、発音は「パンス」になります。

 もうひとつ。グループの名前で「セゾン」というのがありますが、フランス語ならば saison 「季節」の意味です。本当のところ、どういう意味で付けたかはわかりませんが。
[PR]
by chez_tamaki | 2006-07-07 22:51 | 言語

I was shock!

 英語が合ってるかどうかわかりませんが、ショックでした。やっぱり虫歯でした。しかも、もう神経に達しているらしい。痛いと思った時点で遅いらしい。そんなこと言われてもね。

 気分転換に、諸言語の話でも。
 最近、大型書店に行ったのですが、外国語学習コーナーがわりと充実していて嬉しかったです。でも、コーナーの案内プレートには「第二外国語」なんて書いてある。「第二言語」ならわかるけど、明らかに英語を第一外国語と考えている書き方だなあと思いました。うーん、やっぱりまず英語ありきなのかなあ。アジアとか北欧の言語の本が結構あって、感心したんだけどな。

 勉強したい言語はたくさんあるけれど、なかなか勉強がはかどらず、しようもないことを考えています。
 フランス語で、C'est loin? (遠いですか) の発音を聞くと、どうしても「汁椀?」と漢字をあててしまうし、On y va? (行きますか) は「鬼歯?」などと考えてしまう。不真面目ですみません。
 じゃあ、真面目な話をひとつ。お店の名前にもなっている comme ça は、「こんな感じ」の意味。Ça va comme ça? は「こんな感じでいいですか」になります。ちょっと勉強になりましたかね。
[PR]
by chez_tamaki | 2006-07-04 23:32 | 言語

あまりにも

 かゆくてしようがないので、調べてみた。

 allergie au pollen
 pollenosis

 花粉症。ひとつ勉強になりました。
[PR]
by chez_tamaki | 2006-03-15 23:31 | 言語

study study

 まあ、いくら英語が好きじゃないと言っても、わかるに越したことはないので、話せるようになりたいという思いはあります。やはりフランス語やスペイン語などよりは身近で、使用頻度が高いですから。あくまで道具として勉強したいなあと。言語としてなら、ほかにもっと面白い言語があるだろうと思うからね。
 大学時代のロシア語のテープを久しぶりに聞いたら、説明が英語で驚きました。全然覚えてなかったな。日本語よりもいいと思うけどね。2ヵ国語一度に勉強した方がいいと言うし。
[PR]
by chez_tamaki | 2006-02-09 00:12 | 言語

ちょっと真面目に

 最近、ちっとも真面目じゃなくなってきましたが、ここらで少々巻き返しを図ろうかと(笑)
 項目だけ作って放置してきた言語のことについて、書いてみましょう。

 なぜだか本人にもわかりませんが、言語好きです。と言っても研究とかするわけではなくて、単なる知りたがりなんだと思います。
 さかのぼれば、中学時代の合唱部の先生がやたらとラテン語やらマジャール語やらの歌を歌わせたことから、私の言語への関心が始まります。なんだか知らないけど、諸外国語が面白かったんですね。周りを見ても、どうやら私だけのようでしたが…。でも、学校英語、受験英語で文法ばかり勉強させられ、英語が嫌いになります。今でもあんまり好きじゃないです。
 なぜ、学校では外国語=英語になっていて、ほかの言語を教えないんでしょう。お隣の国のロシア語でも韓国語でも中国語でもよかったじゃん。教師の確保の問題といった実質的なことは置いといて、日本人がなぜか英語好きということに原因があるのかなあと思います。英語は世界共通語ではないですよ。

 英語が嫌いな人間のたわごとから始まって申し訳ないですが、ほんとはここで諸外国語を勉強したいなあということだったりします。えへ。

Les murs ont des oreilles.  壁に耳あり。   ←本文とは関係ありません(笑)
[PR]
by chez_tamaki | 2006-02-07 00:50 | 言語