sous ce ciel このひとときに好きなこと


by chez_tamaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2006年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

偏見かもしれないけど

普段あまり本を読まない人のおすすめ本は信用していません。
もちろん、私も好きな本がベストセラーになって、普段あまり本を読まない人も絶賛するということはあります。
でも、きっと読み方とか、注目する部分が違うだろうなと思うのです。
大まかに言えば、話の中身しか追わない人と、字面も中身も読む人との差でしょうか。
前者は理数系の方が多いのですが、字面を見ないので日本語がおかしくても気にならないようです。
だから、翻訳された海外文学にも抵抗がないんだろうな。
私が勝手に思っているだけですが。

ミヒャエル・ゾーヴァの絵に惹かれて読んだ本を1冊。著者は、これまでもゾーヴァと絵本を出したりしている方です。中高生向けのお話ですが、面白かったですよ。
「そばをたぐる」なんて、最近の小説にはなかなかない表現が出てきて、にやりとしてみたり。
もう1冊は、独特の雰囲気のお話です。実は、読んだらブルーになるんじゃないかと思って、よしもとばななを真面目に読んだことがなかったのですが、そろそろいいかなあと思って読んでみました。
やっぱり、自分の中の蓄積されたわだかまりが反応してしまって、ちょっとブルーになりました。
でも、もう少しこの方の作品を読んでみようかなと思えたので、少しは成長してるのかもしれない(笑)

  『一億百万光年先に住むウサギ』 那須田淳
  『ひとかげ』 よしもとばなな
[PR]
by chez_tamaki | 2006-11-30 23:56 | 読書

休日明け

名古屋でお世話になった方々、ありがとうございました。
あまりにもまったり優雅に過ごしてしまったため、
休日明けはなんだかとってもすばらしくブルーでした。
職場ってこんなにストレスあるんだっけ、と思いました。
素敵な休日を過ごすと、仕事も休みをとるのも嫌になるけど、
また素敵な休日を目指してがんばろうかな。
明日はもう少しマシな1日にちがいない。
[PR]
by chez_tamaki | 2006-11-29 00:59 | よしなしごと

まだまだ紅葉

e0063044_14374699.jpg

携帯でうまく写真が撮れないのはカメラの機能がよくないせいだと思い込んでいましたが、ずっと近距離用になっていたことに気づきました。
でも、やっぱり餅は餅屋だと思うの。
[PR]
by chez_tamaki | 2006-11-28 14:37 | よしなしごと

今日も

e0063044_08368.jpg

ライブでございました。地方最後の木根さんでした。
久しぶりにべーあんの顔が見られてよかったです。
今回はまったりでした。
また来年ね~。
[PR]
by chez_tamaki | 2006-11-27 00:08 | よしなしごと

ライブ前のごはん

e0063044_12103648.jpg

忘れていましたが、ライブの日の夕食です。
玄米おにぎりセット。
少なく見えますが、よく噛むのでお腹いっぱいになりました。
ゆっくりしすぎて開演ぎりぎりになったことは内緒。
[PR]
by chez_tamaki | 2006-11-24 12:10 | よしなしごと

文化的な1日

昨日は、葉加瀬太郎の10thアニバーサリーライブに行ってきました。
ソロになってからもう10年なんですね。
クライズラーの時代からだと16年だそうです。
記念の年なので、そんなお話も聞きつつ、楽しんできました。
何といっても、ゲストの古澤巌とダブルで情熱大陸! が圧巻でした。
チェロの柏木広樹くんもお元気そうでございました。
柏木くんは軽やかにチェロを弾く方でして、半分(以上?)はこの方を見に
いったようなものでございます。
今度ソロで三大都市ツアーをやるそうです。いいなあ。
関心をもたれた方はこちらへ。(宣伝)
食道楽のブログも発見したので、どうぞ。
ほかのサポートメンバーは、スカウトしてきた若いピアニストとか
オケの楽器をほとんど弾けるちょっとボケ気味のナイスな人とか
楽しそうな人々でしたよ。
まだツアー中なので、このへんにしておきます。

実は、ライブの前に21世紀美術館へ行ってきたのです。
CMを見るたびに行きたいなあと思っていました魯山人展。
渋いでしょ(笑)
ほんとに渋くて雰囲気のある花入やらお皿やら見てきました。
ほしいなあと指をくわえつつ(笑)
[PR]
by chez_tamaki | 2006-11-23 12:35 | よしなしごと

日本語本

ノリのいい外国人が書いているので、読んでいて楽しい本です。
一時期ワイドショウを騒がせた「勅使河原」という苗字に惹かれた
ところなんかは、同感でとっても嬉しい。
かっこいい苗字、いいよねえ。
まあ、日本語の細かい部分については、ん? と思うこともあるけど
日英の翻訳家なだけあって、ビジネス文書などの指摘が面白いし、
何より日本の歴史や文化には造詣が深いなあと感心させられます。
高校で世界史必修にする前に、日本史必修にしてください偉い人。
外国人に負けてるよ。

  『怪しい日本語研究室』 イアン・アーシー
[PR]
by chez_tamaki | 2006-11-21 00:28 | 読書

寒い日にも読書をしよう

何かのキャッチコピーみたいですが。
いよいよ寒気がやってきたりしまして、この時期はいつも特に寒く感じます。
無事に冬を越せるのかと、本気で心配になります。
床暖房いいよね。
しょーらいは、床暖房のあるおうちに住みたいれす。
いかん、壊れかけている。

このところ、日本語の勉強のために本を読んでいます。
もっと早く読んでおけばよかったなあ。
大野晋氏が著書の中で漢文を勧めていらっしゃるのですが、
高校のときなんて、漢文はカンで読むものだと思ってましたよ。
だいたい、「項羽と劉邦」とか戦争モノばっかりで面白くなかったし。
桃源郷の話は面白かったけど。
今なら読めそうな気がするので、ちょっと暇をつくって読みたいです。
もう一冊の日本語本は、日本人と外国人に日本語を教えている大学の先生が
書かれたものです。
読みやすいのですが、その態度でいいのかなあと思うところもあり。
偉そうなことは言えませんけれども。

  『日本語の教室』 大野晋
  『かなり気がかりな日本語』 野口恵子
[PR]
by chez_tamaki | 2006-11-18 01:18 | 読書

カニ解禁

e0063044_14132126.jpg

たいしてカニ好きでもないですが、寒くなったということです。
寒いけど歩いておでかけ。運動のため。
ムラサキシキブが最盛期です。
[PR]
by chez_tamaki | 2006-11-12 14:13 | よしなしごと

出張1日目

本日はとあるフォーラムに出かけておりました。
千円の(私にとっては)高級弁当をいただき、睡魔と闘って負けながら、
国関係の方々のありがたいお話を聞いてきました。
さすがに頭の良い方々のお話は面白かったです。
やっぱり日々勉強だなと思った1日でした。
明日はフォーラム2日目です。
ちょっと疲れ気味で、やる気がありません(笑)
面白いお話が聞けるといいのですが。
[PR]
by chez_tamaki | 2006-11-06 23:17 | よしなしごと