sous ce ciel このひとときに好きなこと


by chez_tamaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2006年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

もういくつも寝なくても

前回のイルミネーション、「2007」と見えるので、もうお正月バージョンに
なっている可能性が高いと思われます。
かなり遠くからでも見えるほど派手なので、運転しながらちらちらと見る人が
大多数です。
危ないです。
あ、でも写真はちゃんと停まってから撮ったのよ。

個人的に、なんだか嫌なことばかり耳にする年末です。
毎日やさぐれていますが、来年はいいことあるといいなあ。
とりあえず、明日はお好み焼きを食べてきます。えへ。
[PR]
by chez_tamaki | 2006-12-28 00:40 | よしなしごと

クリスマスなので

e0063044_084346.jpg

毎日横目で見て通りすぎていたイルミネーションを撮ってみました。
これからお正月バージョンに変わるらしい。
[PR]
by chez_tamaki | 2006-12-26 00:08 | よしなしごと

とにもかくにも

e0063044_9194098.jpg

なんとか一週間を過ごしている
[PR]
by chez_tamaki | 2006-12-15 09:19 | よしなしごと

旅に出たいのう

睡眠時間も心も満たされない毎日です。
早く寝ればいいのかもねえ。

面白いことを考えて、面白いものを作るというのは、意外とエネルギーが要るものではないかと思います。本人が無自覚だとしても。
今回読んだ本は、面白い本を作っているクラフト・エヴィング商會の吉田氏が、フジモトマサル氏の絵に物語をつけたものです。ひとつひとつが短いお話なので、クラフト・エヴィング商會の本を見たことがある人は、ちょっと物足りないかもしれません。でも、フジモトマサル氏の絵も、吉田氏の発想も面白いので、粋な本に仕上がっていると思います。絵にお話をつけるというのは難しいことですね。
もう1冊は、長らく読もうと思いながら読めずにいた本。児童文学ながら、やはりこの人の本は怖いです。館シリーズの小さな入り口になっています。でも、この人は児童文学には納まりきらないというか、多少ムリがあるというか、そんな感じを受けました。

  『という、はなし』 吉田 篤弘(文) フジモトマサル(絵)
  『びっくり館の殺人』 綾辻行人
[PR]
by chez_tamaki | 2006-12-14 00:21 | 読書

寒くなってきましたが

去年の今頃は、どかっと雪が降ったんですね。
そう考えると、今年は暖かいなあと。
すでにストーブにくっついてますがね。
今年は雪が少ないのかな。
[PR]
by chez_tamaki | 2006-12-12 00:35 | よしなしごと

はじめて

白山比咩(シラヤマヒメ)神社に行ってきました。
県内ながら、実ははじめて参拝。
ちょっとお家から遠いのです。

ほぼ一通り散策したころ、後ろから「与作」を歌いながら階段を下りてくるおっさんが
ひとり。
気にせず、紅葉を見上げていたら、話しかけられました。
「失恋を癒しにきたの?」
違います。
おっさんこそ観光ですか?
「ちょっとお参りにきたんや」
そりゃみんなそうだと思うよ。
おっさんは「与作」を熱唱しながら帰っていきました。

まあ、それはともかく。
今年見納めの紅葉をご覧ください。

e0063044_033692.jpg

e0063044_0332410.jpg

e0063044_0335297.jpg

e0063044_033392.jpg

[PR]
by chez_tamaki | 2006-12-10 00:35 | よしなしごと

すっきり

昨日、数ヵ月ぶりに髪を切ってきました。
家で洗うと、思いのほか短くなっていることを実感。
初雪が降ったというのに。
いや、まだこの目で積雪を見ていないんですが。
[PR]
by chez_tamaki | 2006-12-03 22:20 | よしなしごと

本日はこちら

e0063044_19522393.jpg

バナナケーキです。
ちょっと焼き足りなかったかな?
[PR]
by chez_tamaki | 2006-12-02 19:52 | よしなしごと